資格取得にもう勉強~未来の保育士となるために~

lawyer

人気のある資格

土地家屋調査士は人気の高い資格になっています。現在では、資料も豊富なため独学で学ぶことでもできます。しかし、しっかりと学ぶにはやはり学校や通信教育で学ぶのが一番の近道ではないではないでしょうか・

Read More

専門知識を有した

土地家屋調査士は、土地と建物の所有者に変わって表示に関する手続きや調査を代わりに行なう人たちのことを言います・不動産は、登記することで初めて所有者の権利を主張することができるため、今ではニーズの高い職業となっています。

Read More

登記の専門家

土地家屋調査士になるための費用

土地家屋調査士とは測量・不動産の表示に関する登記の専門家で、他者の依頼を受けて不動産の形状や利用状況の調査、図面の作成、登記の申請などを行います。司法書士の下請けとして不動産の実地調査を行うケースも多くあります。そんな土地家屋調査士になるためには試験を受ける必要があります。受験費用は平成26年の場合7,200円です。独学で勉強するならこれとテキスト代だけで済みますが、合格率1割未満の難関試験ですから、ほとんどの受験生は専門学校に通っています。専門学校の費用は初心者が1から勉強するようなコースだと30万円〜50万円程度でしょうか。もっと安い所もあるにはありますが、本当に基礎の基礎だけだったり質問対応などのフォローがない場合も多いので、あまりケチるのは考え物です。

試験の大まかな特徴と合格率

土地家屋調査士の試験は筆記(午前の部、午後の部)と口述に分かれます。筆記試験の午前の部は測量士、測量士補、一級建築士、二級建築士の有資格者は免除されます。そして口述試験は筆記試験合格者のみ実施されます。ある専門学校によると、筆記試験午前の部で合格点を取るよりも測量士補の資格を取る方が簡単なため、約9割の受験生が測量士補の資格を取って午前の部を免除にする方法を取っています。合格点はだいたい7割程度です(年によって多少変動はあり)が、足きりがあるため苦手科目を作ってしまうと厄介なことになります。口述試験はほとんどの受験生が合格するため、試験勉強は筆記試験を中心にしていくことになります。そして最終的な合格率は8%前後となります。なかなかの狭き門ですが、それだけ土地家屋調査士に対する社会的責任も大きいという事でしょう。

保健士登録をおこなって

保健士として働くにはと都道府県登録をして初めて働くことが可能です。また、資格を取るためには、受験を受けて合格する方法と保育士養成施設である学校に入学することで可能です・

Read More